FC2ブログ

アメリカのデオドラントと日本デオドラントの比較

個人的な使用感では、
体臭体質の人にとっては、
アメリカのデオドラントはオススメ



●高い効き目、アメリカのデオドラントの特徴・素晴らしさ

強い防臭効果、長い持続性

ワキに直接ヌル、
固形Barタイプなど

強度のワキ体臭体質の人に対しても、
防臭効果がそうとう高い、
1日程度は長時間継続

暑い日に「ワキに汗をいっさいかかない」
ということではありませんが、
防臭効果はきわめて高いです。

仕事の会議などで白熱して、
ワキ汗をかいてしまうような場合でも、
基本的に防臭効果は高いです。

デートでホテルに行き
シャワーした後などでも、
デオドラントの良い効果は
すこしは残るので、

帰り道の再度発汗時用の
臭い身支度に関して、
あまり心配しすぎなくても良いかと思います。 

デート時・お仕事など
日々のお付き合いには
大いに助けとなるでしょう


お手頃価格、高い費用対効果
日本のデオドラントにくらべると、
基本的にお手頃価格で
費用対効果はひじょうに高い。  




(●日本のデオドラントの特徴)
スプレータイプ
クリームタイプ
ロールオンタイプ

強度のにおい体質の人にとっては、
日本のデオドラントは、
気休め程度

そもそもの防臭効果が弱め
継続時間も体感レベルで
3~6時間の感じ。

個人的には、
朝デオドラントしても、
もうお昼にはアウトな感じになり、
落ち着きがなくなりがちです。

万が一、
お昼にに白熱する会議などがあったら、
かなり不安になりますね。。。。

一度ワキに汗をかいて乾いてしまうと、
ワキ体臭が発生しがち。。。。

あともう一点、
日本のデオドラントは高価格か、
安いと効き目が小さいものが多い。




●ですので、
「効き目・持続性」や、
特に「価格・費用対効果」を考えると、
アメリカのデオドラントがオススメ。  

あなたの仕事関連や
恋愛などのお付き合いに関して、
日々安心。



個人的な使用感ですと、
アメリカのデオドラントなら、
Lady speed stick





関連記事